2017/07/28

Evernote 3年がソースネクストで安売り中(216円/月)

Evernote プレミアムパック 3年がソースネクストで安売り中(216円/月)
2017/07/28現在

プレミアムパック 3年
7,776円/3年 = 216円/月   (税込)

プレミアムパック 1年
3,218円/3年 = 268円/月   (税込)


ちなみに、個人的に記録のある過去(ソースネクスト以外も含む)の価格(税込)は

2017/07/28 7,776/3年パック ←今回
2015/02/?? 8,294/3年パック
2013/02/?? 7,173/3年パック(消費税率5%)

2017/07/25

Windows10 でハイパーターミナル

Windows7 から無くなったハイパーターミナルを Windows10 で動かしてみる
(Windows Server からコピーしたけど XPなどでも似たような場所にあると思います)

C:\Program Files\Windows NT\ から
hypertrm.exe
htrn_jis.dll

C:\WINDOWS\system32 から
hypertrm.dll
hticons.dll

これらのファイルを Windows10 のテキトーなフォルダにおいて hypertrm.exe を実行
細かい動作は未確認なので、他にも必要なファイルがあるかもーーーーー
(system32 の htui.dll とか名前が怪しぃー)

ま、フツーなら teraterm とか使いますけどね

CentOS へ Resilio Sync をセットアップ

CentOS へ Resilio Sync を VPSへセットアップしたメモ

基本的に下記へ各 linux へのインストール方法が記載されているが
https://help.resilio.com/hc/en-us/articles/206178924
CentOS へインストールするメモです


# vi /etc/yum.repos.d/resilio-sync.repo でファイルを作成して下記を記述

[resilio-sync]
name=Resilio Sync
baseurl=http://linux-packages.resilio.com/resilio-sync/rpm/$basearch
enabled=1
gpgcheck=1


インポートとインストール
# rpm --import https://linux-packages.resilio.com/resilio-sync/key.asc
# yum update
# yum install resilio-sync

インストールしたらとりあえず起動
# sudo service resilio-sync start

操作をLAN側から行える環境であれば、ここまでで完了
ここからは、VPSのWAN側で操作を行う場合

プロセスを表示して config ファイルを確認する
# ps -alx | grep rslsync
~ /usr/bin/rslsync --config /etc/resilio-sync/config.js ←設定ファイル

configを編集
# vi /etc/resilio-sync/config.json

    "webui" :
    {   
        "listen" : "VPSのグローバルIP:8888"
    }

127.0.0.1 を VPSのグローバルIPへ変更して保存

resilio-sync を再起動
# sudo service resilio-sync restart

すぐに http://VPSのグローバルIP:8888 へ接続して、ログインユーザの設定を行う
(放置していると、誰かに乗っ取られます)

最初から config でユーザー名とパスワードを決め打ちしたい場合は
上記の # vi /etc/resilio-sync/config.json を下記のように記述しておく

    "webui" :
    {   
        "login" : "USERNAME",
        "password" : "PASSWORD",
        "listen" : "VPSのグローバルIP:8888"
    }


その他・・・・・・・・・・・・・・・
http://VPSのグローバルIP:8888 が開かない ・・・ iptables 等でポートを開けてる?
Syncフォルダを指定できない ・・・ ディレクトリの権限を確認

2017/07/06

iOS版 Evernote の本文が勝手に書き換えられる不具合

iOS(iPhone) の Evernote で、ノートを開くと本文が別のノートのタイトルに書き換えられ、閉じた途端に同期されて、データが消されるという症状

サポートに問い合わせた返事が

不具合が再現できた、他にも報告があり修正を進めている
(転載・引用不可なので意味だけ)

だとーっ
個人データを保存・検索するサービスのデータ欠損て大きな問題だと思うが...
そういえば、Android版には、編集(開始)ボタンがありますな

おや?っと思ったら、更新順にノートを並べて確認しましょう

開くと本文が書き換えられてしまったノートは、「画像が添付されているのに一覧でプレビューに表示されていない」という共通点がありました(関係あるかどうかは不明)
症状は、Evernoteをインストールし直しで改善したが、発生理由が不明なので利用停止


【追記】
2017/8/8のアップデートで上記の問題は修正されました

2017/07/05

クロネコDM便の配達日数

ポスト投函クロネコDM便のメモ

クロネコDM便 配達日数 (一部地域を除く)
距離日数
400km圏内翌々日
400km圏以上4日目(発送日を含む)

料金
全国一律で個別対応(上限164円)

2017/07/02

Chrome 59以降 でBasic認証を埋め込んだURLが正しく表示されない

Google のブラウザ Chrome 59以降 (Windows、Android、MacOS) で下記のようなベーシック認証をURLに埋め込んだリンクが正常に表示されない

http://user:passwd@URL


デベロッパーツールで確認すると、css や javascript 等外部ファイルのリンク読み込みに失敗している様子で、外部のスタイルシートやスクリプトが反映されていない状態で表示される
おそらく、単体ファイルで構成されたページでは問題は出ない

Windows版はリロードにより正しく表示されるが、Android や MacOS はリロードでも症状が続く

埋め込みの認証を取り外し、認証ダイアログを表示させることで表示可能になる

【追記】
下記に仕様変更の記述があり
https://www.chromestatus.com/feature/5669008342777856
Chrome 60 で解消される可能性があります→意図的に機能が削除されているので、改善される可能性は低いです
https://github.com/whatwg/fetch/pull/465

また、上記に有るように chrome を --disable-blink-features=BlockCredentialedSubresources オプションを追加してきどうすると、この症状は解消されます(警告が表示されます)